お弁当日記改め「お気に入りBBS」開店しました。

お気に入りBBS

3757
お弁当日記にイタズラされるようになりお弁当の記録も消えてしまいました。少しは復活できましたが 新たにチャレンジ。 お弁当は作らなくなりましたがランチやお気に入りをUPします。 あなたのお気に入りもぜひ教えてくださいね。
名前  性別:
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

ザボン(ぼんたん)の綿皮を使った砂糖漬け - お花はん (?)

2018/02/03 (Sat) 08:52:22





材料
ザボン(ぼんたん)の内綿皮 1個分

砂糖 250g

水 70g

グラニュー糖 適量

ザボンの皮に包丁で上から下に切り目をいれていきます。ザボンの白い綿のような部分を使います。(厚みが2センチはあります。)

切り目にそってむきます。綿のところを内側の実を包む皮にそって指でむくと綺麗にむけます。(実の部分はそのまま食べました

綿と表面の黄色い皮とを包丁とかでむき、綿だけにします。黄色い皮部分は干して、沐浴に使えます。

綿部分を適当に切り分け、お湯で5分煮たら、フタをして蒸し、それを水洗いします。写真は1回目が終わって絞ったところです。

絞ってまたお湯で5分!!を3~4回繰り返します。
写真は3回目が終わったところの写真です



しっかり綿部分を絞り、お鍋にお水とお砂糖を入れて水分を弱火で飛ばします。(透明感がでま

グラニュー糖をしっかりまぶしたら、キッチンペーパーの上に並べ、天日で干します。このままでも中が柔らかくて美味しい



天日に干すのは、好みで1〜5日間で!
写真は丸3日干したものです。干してる時、返しながら砂糖を追加して振ってください。

コツ・ポイント

黄色い皮の部分を沐浴剤として使う場合、表面を綺麗に洗い、天日にほして乾燥させてください。そのままだとちょっと肌にきついかもです。

水分を飛ばすのにグラニュー糖をまぶしますが、しっかりとまぶすとかなり甘いですが、茶菓子には最高です。

2018年の七草粥 - お花はん (?)

2018/01/11 (Thu) 09:46:46

大好きな京都の料理家「大原千鶴」さんが作っておられた 鶏肉と蕪のお粥にしました。

土鍋に生米一合といちょう切りにした蕪 カップ6の水 鶏モモ肉一枚のまま乗せ 対流する状態で約30分焚きました。

トッピングのゆで卵は私が留守の間 綺麗に皮がむける茹で方を習得したトト作 茹で時間もピッタリ半熟

鏡開き - お花はん (?)

2018/01/11 (Thu) 09:50:50

今年のお正月も40人分のぜんざいで終わり!

2016・11月13~15日大歩危遊覧と祖谷かずら橋小豆島寒霞渓 - お花はん (?)

2016/12/10 (Sat) 14:30:11

帰りの新幹線のお弁当
岡山まかない豚めし

Re: 2016・11月13~15日大歩危遊覧と祖谷かずら橋小豆島寒霞渓 - お花はん (?)

2016/12/10 (Sat) 14:39:07

栗おこわ弁当

福岡の旅行会社なのでツアーは博多集合の博多解散
最終日はこのツアーだと博多に八時半頃到着の新幹線になるのでいつもお弁当を注文する 鹿児島行きの新幹線の中で広げるのが楽しみです。 去年のタコ飯弁当もおいしかったなぁ。

栗の渋皮煮 瓶詰にしました。 - お花はん (?)

2016/10/04 (Tue) 09:29:43

剥くのが大変なのに見事な栗の実を見ると作ってしまう。
今年は二回 三キロ制覇 日持ちがしないので瓶詰にして子供たちに送ります。

水に一晩 と 沸き立ったお湯で15分 とやって見ましたが待たなくて手っ取り早いのはお湯で煮る方法 でも軟らかくなっているので渋皮に傷がつきやすい
お尻の皮(何っていうのかな)を残して一回目の渋抜きの後除こうとしても傷がつきやすい 結果渋抜きをする前に堅い皮は全て取り除く(お相撲を観ながらやったら気合の入る一番では つい渋皮まで剥いてしまった 集中!)

渋がきつくなければ重曹はいらず茹でこぼしも三回でOK
栗の新鮮さによるかな?

栗一キロに砂糖500g 醤油少々 で一晩寝かす

もう一度煮て栗を取り出し汁を煮詰める

瓶は綺麗に洗い栗と汁を入れ蓋をして90℃で20分
冷めたら冷蔵庫へ。

kazamidori - お花はん (?)

2015/04/18 (Sat) 09:26:10

かざみどり 伊集院 099-272-1171

フォカッチャとトーストにオリーブオイル
もっちっとして美味しい

kazamidori - お花はん (?)

2015/04/18 (Sat) 09:37:49

メインは加世田豚のカツレツにリゾットが乗っていてボリュームがある 食べてからしまった!写真を撮るのを忘れた(汗

新タマネギのスープ野菜添え

つい おススメに目が行ってパスタを一度も食べていない
次はパスタたべにいこー

Re: kazamidori - お花はん (?)

2015/05/11 (Mon) 08:46:00

今日は弟のお嫁さんの退職お祝いランチ
海老と黄ホタのメイン

Re: kazamidori - お花はん (?)

2015/05/11 (Mon) 08:47:46

ドルチェはチョコレートとオレンジのムースとオレンジのアイス添え

種子島包丁 - お花はん (?)

2015/05/04 (Mon) 08:34:21

1543年(天文)ポルトガル人が日本の南端種子島に漂着、その時初めてわが国に鉄砲が伝えられ島主・種子島時堯は家臣に命じてその製法を学ばせ苦難の末その製造に成功したと教科書で習いました。戦国に大きな影響を与えた銃の名残 種子島包丁

お気に入りで大小4本使っているうちの菜切り包丁が古くなり得の部分がサビていたのに解凍したカルピスバターを切り分けていたらポッキリ折れてしまいました。偶然にも2週間前に種子島出身のテニス仲間(彼女も4・5本使っている)から一本もらったものです。新しい包丁は切れ味抜群!!
でも種子島包丁は電動の包丁研ぎ器かステンレスタワシでしゅっしゅっとやるだけですが切れ味は何年も変わりません。

果物は鉄製の包丁だと味が落ちるような気がしてセラミックの果物ナイフを25年愛用 段々と小さく薄くなっています。
テレビで紹介されたキッチンパラダイスの「ナミジュウ」狙っていますが7月まで待たないと手に入らないとか・・

『百年の旅物語かれい川』(通称「かれい川弁当」 - お花はん (?)

2015/03/28 (Sat) 08:01:04

「はやとの風」に乗り吉松へ 嘉例川で『百年の旅物語かれい川』(通称「かれい川弁当」をゲット
ガネが大きい!
やさしい味でしたね。

ル・カプロージュ - お花はん (?)

2015/03/06 (Fri) 10:45:14

鹿児島の食材にこだわったお店
前菜が
イワシの燻製
牡蠣のエスカルゴソース
キンレンカの葉っぱ添え

Re: ル・カプロージュ - お花はん (?)

2015/03/06 (Fri) 10:47:12

メイン 鹿児島牛 里芋 焼き芋の付け合せ

Re: ル・カプロージュ - お花はん (?)

2015/03/06 (Fri) 10:50:22

デザート コーヒーは200円で別料金

鏡開き - お花はん (?)

2015/01/11 (Sun) 11:37:39

60人分めざして
小豆3キロ  500g×6袋
砂糖3キロ弱 1000g×2袋半
塩・醤油

鍋三個に分けて二回煮こぼして灰汁を除く

落し蓋をして豆が指でつぶれるくらいに茹でる
砂糖を分けて入れ一晩置く
     

Re: 鏡開き - お花はん (?)

2015/01/11 (Sun) 11:49:30

デパートで買った大納言小豆『北海道桃源郷』
デパートと同系列のスーパーで買ったタカイの『小豆 北海道』 どちらも26年度新豆

Re: 鏡開き - お花はん (?)

2015/01/11 (Sun) 12:02:02

左がタカイの小豆
煮方の説明
サッと洗って3~4時間水に浸ける 浸けすぎると豆が固くなと書いてある

右が北海道大納言
サッと洗って一晩水に浸す

煮こぼす回数が多ければあっさりと仕上がる
落し蓋をして茹でたが火力が強かったか?豆の割れが多かった(30分から40分)

量が多すぎて砂糖の入れ具合がわからず 各鍋の汁だけを取り出し混ぜ合わせた・・・ううう・・味見しているうちになお分からなくなった   えいっ!!分量道理入れたからいいかーー明日まで置いて また味見しょーーーお

春の七草 - お花はん (?)

2015/01/08 (Thu) 09:26:35

7日七草粥を炊きました。
「セリ・ナズナ / ゴギョウ・ハコベラ / ホトケノザ / スズナ・スズシロ 」はデパ地下でゲット

今年はお節の残りの蒲鉾もお出し用の干しシイタケや干しエビも食べつくし 冷蔵庫には冷凍の鶏肉・戻した大豆のみ・・

野菜は残り物の大根豆もやし人参白菜ゴボウ

昆布と花かつおで出しを取り生米一掴み 9時からテニス 焦ります。

無事お餅を入れ終了

七草 - お花はん (?)

2015/01/08 (Thu) 09:32:45

七草はデパ地下で買ってくるものではなく昔は田んぼの土手に朝早く摘みに行きました。

ハコベは父の飼っていたメジロの餌 毎日すり鉢で擂り粉餌と混ぜて与えてましたね。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.